ストレスチェック制度について

ストレスチェックについて、この度制度化したということで、
HealthECO[ヘルスエコ]シリーズでも、今年中の対応を予定している。

ストレスチェック制度は
平成26年6月25日に公布された労働安全衛生法の一部を改正する法律により、創設された。
施行日は平成27年12月1日である。

ストレスチェック制度を通して、個人のメンタルヘルス不調リスクを低減させるとともに、
労働者のメンタルヘルス不調を未然に防ぐことを目的としている。

ストレスチェック制度の概要は以下のとおりである。
・従業員数50人以上の事業者はストレスチェックを実施することが義務化される。
 ※従業員数50人未満の事業者は、現状は努力義務。
・ストレスチェックで用いる調査票は国が標準的な調査票として推奨している
「職業性ストレス簡易調査票(57項目)」である。
・ストレスチェックの結果は実施者から本人に直接通知し、本人の同意なしに、
 事業者に結果を提供することは禁止されている。
・ストレスチェックの結果通知を受けた労働者のうち、高ストレス者として面接指導が
 必要と評価された労働者から面接指導希望の申出があった場合には、
 医師による面接指導を行うことが事業者の義務となる。
・面接指導の申出を理由として、労働者に不利益な取扱いを事業者が行うことは法律上、禁止される。
 
このストレスチェックについては、システム云々と言うよりも
まずそもそも何をどうすればよいか分からない等の問い合わせが現状、多いように見受けられる。

今後、アリトンシステム研究所では
ホームページを通して、ストレスチェックについて
もっとよりよい情報を提供していけたらと考えている。