導入事例

原クリニック様 HealthECO総合健診システム導入後インタビュー

原クリニック背景図

導入機関名:原クリニック様
ご担当者様:事務長 田戸様
ご住所:〒252-1135
神奈川県綾瀬市寺尾釜田1-1-8
HP:http://hara-cl.jp/




Q1. HealthECO総合健診システムを導入された経緯について教えてください。

原クリニック事務長

大きく2点あります。
1つ目は受診者数が多くなってきたことです。
当クリニックは開院して丸3年になりました。
開院当初の受診者数は20~30人/月でしたが、次年度になると100人/月となり、増加の一途を辿っています。
2つ目は管理ツールとして使用していたExcelでの手入力ミスが少しずつ散見されるようになったことです。
日常、健診以外の業務もこなしており、目視チェックでの確認に限界を感じていました。


Q2. システムを導入される際に他社様と比較された点について教えてください。

まず、4~5社検討しました。
その中でもHealthECOを選んだ理由は、当院の運用に合わせたシステムにしてもらえること(使いたい項目・機能に限定できる)が大きかったです。
他社のシステムでは初めから使わない機能が盛り込まれており、更に当クリニックの運用に合わせた形での納品の場合、費用面でも400万円以上と高価なものでした。
一方、HealthECOはまっさらな状態から使いたい機能を選択して構成できるので、費用も最小限で済み、コストパフォーマンスに優れた製品であったため、迷うことなく導入することにしました。


Q3. システムを導入後の効果について教えてください。

システムを導入後、電子カルテシステムとの連動、血液検査データの取込が可能となり、効率よく健診業務が進み、結果表を受診者様にお返しする日数がかなり短くなりました。
導入前は、受診者様にお返しするのに1週間~10日程度時間をいただいておりましたが、導入後は最速で健診翌日の夕方にはお返しできるようになりました。
おかげさまで迅速に結果表をお返しできるようになったことで、口コミ等により新規事業所様からの健診依頼が多くなりました。
導入当初は必要最低限の機能でスタートしましたが、2ヶ月後に「進捗管理」機能をオプションとして追加していただき、作業効率が更に上がりました。


Q4. 最後にメッセージを

日々、すぐ対応してくださり、ありがとうございます。今後ともよろしくお願いいたします。
健診業界の専門家として、何か制度変更の情報等入手された際には教えていただければ幸いです。
ストレスチェック機能等オプションが必要になった際にはまたよろしくお願いいたします。




町田市経済観光部 産業観光課様 中小企業融資システム導入後インタビュー

町田市役所庁舎



導入先:町田市経済観光部 産業観光課様
ご担当者様:融資ご担当者様
ご住所:〒194-8520 東京都町田市森野2-2-22
HP:町田市経済観光部 産業観光課






Q1. 新システムの導入経緯を教えてください。

産業観光課

旧システムは20年以上使用していて、システム自体が古いものになっていました。
担当者の異動もあり、町田市のトライアル認定業者でもあるのだから、この際聞いてみよう、となりました。




Q2. Eco・celを選んだ理由を教えてください。

旧システムを改修すれば費用も安価で済むかと思っていましたが、かなり割高でした。
パッケージソフトの導入も考えましたが、町田市の融資制度の場合、町田市独特の運用があるため、既存のパッケージソフトだとカスタマイズが必要で、高価になるということも想像できました。
その点、Eco・celは費用面でかなり優れていましたし、何よりトライアル発注認定商品であったことが大きな理由です。


Q3. 導入当初の率直な感想を教えてください。

発注から納品も早かったですが、他の面でも対応がかなり早いなと思いました。
1年経てば融資制度も少し変わると思うので、変更が容易なEco・celとは相性もいいなと思っています。


Q4. 使い心地について感想をお聞かせください。

エクセルみたいなので使いやすいですね。
システムでは企業名を入力するだけで、住所等の関連情報が自動反映されるのはありがたいです。
導入後にシステムの変更をお願いましたが、対応もスムーズでした。


Q5. Eco・celをより成長させるために、悪い点・改善点をあげていただけないでしょうか。

見た目がシンプルなので、もっと見栄えが良くなると印象良くなると思いますよ。




社団医療法人養生会 かしま病院様
ストレスチェックシステム導入後インタビュー

かしま病院
導入先:社団医療法人 養生会 かしま病院 様
ご担当部署:健診センター事業部 様
ご住所:〒971-8143
福島県いわき市鹿島町下蔵持字中沢目22-1
HP:http://www.kashima.jp/





Q1. 導入経緯について教えてください。

数社にストレスチェックに関する質問をしましたが、なかなか回答が得られない中で
アリトンさんは迅速・丁寧な回答でした。
また、すぐにでも導入可能という事でしたので、アリトンさんに決めました。




Q2. システムの操作性について率直な感想を聞かせてください。

ストレスチェックシステムは、迷わずに使用できました。
ただ、前段階のOCRシステムの認識率が上がらずに若干手間がかかっておりましたが
先程、設定を調整していただいたので認識率が上がり助かりました。ありがとうございます。




Q3. 最後にご要望がございましたらお聞かせください。

出力帳票のフォーマットをユーザー(Excel)で、編集できたら利便性が高まりますね。




◎その他導入事例

人間ドックのXMLデータの提出が必要となった。

O府の業者は遠方であるため、導入前提でないと打合せすらしてもらえませんでしたが、導入の有無にかかわらず無料で打合せや相談に応じてもらえました。XMLデータ提出は初めてで不安もありましたが、本格的な稼働の前に健保連共同システムにスムーズにデータが取込めたため、その不安も一掃されました。稼働後は、いとも簡単にXMLを作成することができたので驚きました。【K県NクリニックI様】


受診者にきれいに整った健診結果表を渡す必要があった。

院内システムの改修では高額な費用となりますが、該当業務のみに限定されたHealthECOをリーズナブルな価格で提供してもらいました。 導入後に健診結果表レイアウトを若干変更する必要が出ましたが、柔軟に応じてくれました。【M市T病院 M様】 人間ドックではN社のシステムを利用していますが、使い勝手はHealthECOの方が良く、人間ドックも入力できたらなぁ、と思いました。【同院 N様】


血液検査会社へ検査項目データとバーコード付採血管の提出が必要になった。

N社と相見積もりしましたが、HealthECOの方が費用も安く、納期も早かった。 紙の名簿と必要な採血管とを人の目で突き合わせしていましたが、受診者用と採血管用バーコードがセット印刷されるようになったので、作業がかなり楽になりました。 健診完了をバーコード読み取るだけで行えるので、2時間を要していた作業時間が10分と圧倒的に短縮できました。【S区N協会様】


最新端末に対応していないシステム・・・。どうしよう。

自社にて最新端末にパソコンが替わることが決定しました。 健診システムとは関係ありませんが、自社で利用している銀行口座管理システムが最新端末では対応していないことが判明し、相談させていただいたところ、まさかの2週間でシステムを納めて頂き、大変助かりました。【K会 本部 N様】




HealthECOシリーズ ご導入機関一覧

※2017年9月現在

jisseki_map3

ご導入後のサポートも万全です。 運用面、及びソフトウェアの利用方法に関するお問い合わせに、お電話・メール・リモート保守にて対応いたします。